​オフィスSNK

設計のポイント

CSS #1 -Case Study SOHO #1(ケース・スタディ・ソーホー)-
この建築は、地方都市に建つ女性クリエーター集団のSOHO
である。
施主は、富山市内において、会議場の企画運営や広告の代
理業務などの会社を営んでいる。会社のメンバーは全員女
性であり、地方都市における女性が働く環境を確立しよう
と、試行錯誤していた。新規事業参入などによるスタッフ
の増加に伴い、これまで使ってきた場所が手狭になったた
め、予てからあたためていたオフィス環境を実現すること
になった。
与えられた主要な条件は、以下のものだった
① 広いワークスペース:スタッフから幅広く、個性的な
アイデアを得る為に、その日の気分で、事務所内の好きな
場所に移動して、仕事ができるようにしたい。
② 立山連峰が眺められるプライベートスペース:原稿作
成など、スタッフから離れて、集中して仕事をする為のス
ペースがほしい。気分転換のためのジャグジーバスと立山
連峰を望めるスペースを持ち、ゲストが来たときには宴会
場としても利用したい。
③ 保育室と安全素材の社員食堂:女性が働く上で最も障
害となっているのが、乳幼児の育児なので、保育園に入る
前の子供を預けられるスペースを設けたい。また、忙しい
ことを理由にコンビニ弁当が続きがちな食習慣から脱出す
る為に、元畑だった敷地を活かし、有機野菜を栽培、調理、
食事できるシステムを考えたい。
その解答として、極めてシンプルなプランが導き出された。
東西軸3mスパンの柱割による鉄骨ラーメン構造による3階
建てとし、1階は保育室、ギャラリー、社員食堂などの福
利厚生スペース。2階はオフィスの中心となるワークスペ
ース。3階は眺望を考慮したプライベートスペースとした。
1階の社員食堂は、南に設けられた畑で、自家栽培した野
菜を用い、調理ができるよう計画され、打ち合わせや、周
辺の住民の寄り合い所としても利用される予定である。
2階のワークスペースは、それぞれの個性を尊重し能率の
よい作業を行うためと、スタッフ外出時のスペース効率を
配慮し、スタッフ各々が執務するのに必要最小限の可動式
仕事机(モバイルデスク)が与えられ、グリッド上に配置
されている柱などに、LAN・電源などの端末を散りばめら
れた。さらに、モバイルデスクを庇付のデッキ(アウター
オフィス)に移動させ、外部でも仕事ができるように計画
された。また、打ち合わせ用の机(モバイルテーブル)も、
モバイルデスク同様固定されず、用途に応じて、打ち合わ
せ環境を創れるよう配慮されている。
3階のプライベートルームからは、富山の心象風景の代名
詞である、立山連峰が望める。決して広いとはいえない空
間を開放するために、インテリアと浴室との視覚的なつな
がりを与え、バリアフリーな外部デッキを設け、一体的な
空間利用が可能となるよう計画した。(藤江 創)

SNK外観南東
SNK外観南東
SNK3Fプライベートルーム
SNK3Fプライベートルーム
SNK外観南
SNK外観南
SNK2Fワークスペース3
SNK2Fワークスペース3